債務整理するための条件とは

債務整理には3つの方法があり、それぞれ、利用可能な条件が異なっています。

条件が厳しい順に並べると、任意整理、民事再生、自己破産となります。

任意整理では、今後の利息をカットし、引き直し計算に基づく借金の減額が可能ですが、借金は残ることが多いですし、それを3年ぐらいで返済しないといけません。

したがって、きちんと返済できるだけの安定した収入があることが求められます。

民事再生では、借金の総額が5分の1まで大幅に圧縮されますが、5分の1は民事再生後も返済していかなければいけません。

任意整理と比べれば返済は楽になりますが、やはり安定した収入があることが条件となります。

また、借金が5000万円を超える場合は、収入がどれだけあろうとも民事再生は適用不能です。

自己破産では、返済をする必要が全くなくなります。

したがって返済能力の有る無しは問われることはないので、誰でも手続き可能です。

任意整理や民事再生では解決不能なときの最終手段と言えるでしょう。 債務整理 山梨  http://generatorlinkpremium.com