債務整理の前にやること

債務整理の前に過払い金があるかチェックしましょう。もしあなたが消費者金融などの貸金会社と5年以上取引があるとかいった場合、過払い金が発生しているケースがあります。利息制限法が改正された7年前以前では、グレーゾーン金利というものがあり、出資法で定められている上限金利年利29.2%と、利息制限法で定められている20%という上限金利との間の金利のことをいいます。厳密に言うと10万円未満の借入は20%以下、10万円から100万円は18%以下100万円以上は15%以下という利率のもと、出資法との間の金利がグレーゾーン金利となります。もし過去にさかのぼってこのグレーゾーン金利で借金の返済を行っていた方は、過払い金が発生するという論理です。心当たりがある方は、契約している貸金業者に返済履歴を請求しましょう。ただ、この履歴を素直に渡してくれる業者は少ないので、弁護士に依頼する方がスムーズに行きます。そういった意味でも弁護士は重宝しますね。 債務整理 秋田|相談無料の秋田借金相談センター  http://udemy.com